今後の美白に大きな影響「日焼け後の対策」

いよいよ、夏本番!!海、山、川、、、などの屋外でのレジャーはもちろん、普段の生活でも気をつけなければいけないのが日焼けですよね!!

実は紫外線は夏だけでなく、冬でも雨の日でも注意が必要とされていますが、やはり、特に夏は日差しが強く、家にいても、紫外線は窓ガラスなどを通り抜けますので、うっかり日焼けなどしてしまい、お肌に負担をかけてしまいます。そこで、日焼けしてしまった後の対策をご紹介したいと思います。

日焼け対策の女性

筆者も肌が弱いので日焼けには気を遣っていて、日焼けしてしまったら赤くなって、火傷のようになります。ただれてしまうこともありました。日焼け止めクリームなどを塗っていても、海などの日差しはなかなか手強いのです。

日焼けをしてしまった後の対策が大切

日焼けしてしまったら、まずは、その部分をしっかりと冷やしてください。タオルを冷やしたり、タオルやガーゼに保冷剤をくるんで、それを患部に当ててみたり、、。

その後に化粧水を手で染み込ませるようにつけてください。お肌が炎症を起こしているので、できるだけ低刺激のものを使ってくださいね。赤ちゃんでも使える、セタフィルのローション、ママアンドキッズのローションは低刺激で、肌の弱い私には合っていました。

日焼け後は特に低刺激なものを使用

低刺激の化粧水などは、今はたくさんあるので、赤ちゃん用でなくても大丈夫です!コツはとにかくたっぷりと!!浴びるように化粧水をぬりたくってみてください。化粧水を冷やしておくとより良いです。

しかし、お肌に化粧水がしみて痛い場合はやめましょう!日焼けは火傷の一種といわれているので、ひどい場合は皮膚科を受診してくださいね!

きゅうりパックもおすすめ

きゅうり

化粧水がしみて痛いときの応急措置として、筆者はよくきゅうりパックをしていました。アナログな感じもしますが、これは本当に効きますよ!きゅうりには身体を冷やす成分が含まれているので、うすくスライスして患部に貼るだけで熱を取ってくれます。もちろん人工的な成分は入っていないので、お肌にしみたりもしませんよね。まず、このようにして日焼けしてしまった部分を冷やしてから次のステップです!

美容クリームなどは、日焼けの炎症の度合いにもよりますが、しみたり、痛くないのであれば大丈夫といわれています。

日焼けしたお肌は、水分を失ってしまっているので、しっかりと保湿をしえあげることはとても重要です。しっかり冷やして、たっぷりの化粧水のあと、普段使っているスキンケアでお手入れをしてください。

とにかく、冷やして、たっぷり化粧水をぬって、保湿をする!自分でできることはこれくらいです。

ミニトマトのリコピンもおすすめ

トマト

あとはミニトマトを日焼けした日に食べるといいそうです。ミニトマトにはリコピンという成分を含んでいます。このリコピンは、シミやソバカスの原因であるメラミンを減らす効果があります。また、皮膚の乾燥を防いでくれる、優秀な食べ物なのだそうです。この夏は化粧水を冷蔵庫に冷やし、ミニトマトをストックして、日焼けを気にせずレジャーを満喫してください!

SNSでもご購読できます。